マイホーム

シューズクロークをウォークスルーに決めた理由

どうも、チキンです。

今回は、玄関のシューズクローク(靴箱)について
紹介していきたいと思います。

シューズクロークの種類は?と聞かれて
どんな種類を思い浮かべますか??

1.備付シューズクローク

2.ウォークインシューズクローク

3.ウォークスルーシューズクローク

この三種類くらいじゃないでしょうか

何が違うの?

ということで見ていきたいと思います。

備付シューズクローク

・玄関と同じエリアに、シューズクロークを設置

・玄関と同エリアに設置する為、玄関の省スペース化が図れる

・コスト的にも、ウォークイン、ウォークスルーよりも安価である

・玄関に近い為、直ぐシューズを収納でき、使いやすい

・玄関の広さによるが、収納容量は、あまりない

コ ス ト:◎

収 納 力:△

使いやすさ:◎

ウォークインシューズクローク

・玄関の横に部屋を作る。その部屋をシューズクロークにする

・最近では倉として使用することもある

・コスト的には、部屋を作ることになるので、備付よりも増大する

・出入口は、一つなので、通り抜けができない

・広さによるが、可動棚等を使用すると、収納力は無限大

コ ス ト:△

収 納 力:◎

使いやすさ:〇

ウォークスルーシューズクローク

・基本的には、ウォークインシューズクロークと同等です。

ウォークスルーなので通り抜けることが出来る。

・コスト的には、出入口が1つ増えるので少し上がると思います。

・収納スペース的には、少し減ります。

・使いやすさは抜群です。

コ ス ト:△

収 納 力:〇

使いやすさ:◎

コスト収納力使いやすさ
備付シューズクローク(下駄箱)
ウォークインシューズクローク
ウォークスルーシューズクローク

チキン家が採用したのは?

ウォークスルーシューズクロークです。

どんな仕様?

仕様

・広さ:約3畳

・可動棚(横750mm×奥行300)3列×5枚

・ハンガーパイプ設置

まとめ

チキン家は、備付シューズクロークでは、収納力に不安があり

ウォークインorウォークスルーにすることになりました。

そうなると、ウォークスルーが良い事になり

後は、間取りとの相談でした。

今の所、シューズクロークは全然余裕です。

家族が増えた時の為に、広めに確保して良かったです。

おわりです。

こちらの記事もおすすめ!