マイホーム

テレビを壁掛にしなかった理由

こんばんは、チキンです。

今日は、マイホームを間取りを考える上で
『テレビを壁掛にするかorしないか』『どうする?』
その事について書いていきます。

まず、チキン家の結論は

テレビを壁掛にはしなかったです。

正確には

後々、テレビを壁掛出来るように準備したです。

準備とは・・・

・マルチメディアコンセントを2箇所設けた。
・壁に補強を入れた。

コンセントの位置

標準の高さ300mm・壁掛テレビ用高さ850mmの位置に設置しました。
後から、コンセントを追加するのは、かなりハードルが高いと言われたので
最初から設置する事にしました。
上下コンセント間に通し穴(空洞)を設け、将来的には
テレビとレコーダーをHDMIケーブルで接続する為です。

マルチメディアコンセント

コンセント・LAN用モジュラコンセント・TV端子が
一体化となっているコンセントです。

壁の補強

壁掛テレビ用金具をビスで打ち込む為に板を入れました。

 

という感じで、いつでも壁掛テレビに変更できます。

さて本題に戻ります。

壁掛テレビのメリット・デメリットについて

メリット
・見た目がスマート
・部屋を有効活用できる
・配線が隠せる
・おしゃれ
・掃除が楽になる
デメリット
・テレビのレイアウトを簡単に変更できない
・最初に準備が必要
・機器(レコーダー等)を隠す部屋が必要な場合がある
・レコーダーのリモコン対策が必要
という感じで、メリットを多く感じてしまいますし
デメリットは、クリア出来ない問題でもないと思います。

まとめ

それでは何故、テレビを壁掛にしなかったのか
それは、特に慌ててする事もないという考えです。
確かに、壁掛にしていれば、おしゃれだったと思います。
ただ、準備だけしといて、壁掛にしたいという気持ちがMAXに
なった時にすれば、それでいい。というのが、結論でした。
おわりです。

ランキングに参加しました。
良かったら、クリックお願いします。
👇

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

こちらの記事もおすすめ!