マイホーム

【お勧め】洗濯槽の汚れには日立洗濯槽クリーナーが効果抜群

どうも、チキンです。

洗濯槽洗浄はどれ位の間隔でしていますか?

正直、一人暮らしをしている時は

1年に1回清掃すれば的な感じでした。

結婚して賃貸に住んでいる時は

私が一人暮らしの時に使っていた洗濯機(5kg)を

継続して使っていました。

その時は、洗濯槽の臭いが酷くなったら

市販の洗濯槽クリーナーで清掃していました。

日立 洗濯槽クリーナー SK‐1

その後、マイホームを建て引越す時に

新しい洗濯機を買いました。

もちろん、住みだし始めは新しい洗濯機なので

何事もなく、時が過ぎていきました。

半年くらい経った頃、洗濯した衣類に

黒い汚れが付き始めました。

最初は少量だったのですが、日に日に多くなり

洗濯槽を洗浄することにしました。

オキシクリーンを購入していたので

早速、使用してみました。

オキシクリーン(アメリカ版)

コストコで購入したオキシクリーンです。

成分過酸化ナトリウム(酸素系)・界面活性剤
炭酸ナトリウム・洗浄補助剤
液性弱アルカリ性
使用量備付スプーン3杯位

温水の方が効果があると聞いていたので

お風呂上りにお風呂の残水を使用しました。

【使い方】

①洗濯機を洗浄モードを選択する

②オキシクリーン(スプーン3杯位)を洗濯槽に入れる

③洗浄モードスタートを押す

しばらく放置していると黒い汚れが浮き上がってきます。

それをひたすらキャッチして捨てるの繰り返しです。

これがかなり面倒くさい。

黒い汚れが途絶えることが、なかなかないので

ひたすら、取り続けなくていけません。

そして、黒い汚れを取りきったと思って

洗濯機を使用すると、また黒い汚れが付いている

ことが多々ありました。

この方法で洗浄するとなると

とても手間が掛かってしまうので

違う洗浄方法を考えることにしました。

そこで見つけたのが

日立洗濯槽クリーナー

名前で勘違いするかもしれませんが

日立の洗濯槽だけでなく、全メーカー対応です。

日立 洗濯槽クリーナー SK‐1

成分次亜塩素酸ナトリウム(塩素系)・防食補助剤(ケイ酸塩)
液性アルカリ性
使用量全量(1500mL)

何故、このクリーナーを選択したかといいますと

黒い汚れを溶かすという口コミを見たからです。

【使い方】

①洗濯機を洗浄モードを選択する

②クリーナー全量(1500mL)を洗濯槽に入れる

③洗浄モードスタートを押す

しばらくして洗濯槽をあけてみると

確かに黒い汚れは浮いていません。

これが溶けているという事なのか

この時点では、半信半疑でしたが

洗浄モードが終了して通常の洗濯を

してみると、黒い汚れが全く付いていない。

最後に

洗浄後に洗濯をして黒い汚れが全く付いていない

という事が当たり前といえば、当たり前なのですが

今まで、その事で悩まされていたので

とてもスッキリしました。

確かに金額的には、クリーナー1本丸々使用するので

アップすると思いますが、洗浄したのに黒い汚れが付く

ストレスを考えれば、安いものだと思います。

オキシクリーンの洗濯槽洗浄で汚れが

まだ残ってしまうという人には

本当にオススメします。

後は、耐久性を確認していきたいと思います。

参考になれば、幸いです。

おわりです。

こちらの記事もおすすめ!